【パパ活アプリ、出会い系サイト】写真掲載は危険? 急増する写真詐欺 違う女が来た時

夕日を眺めている男女の姿 パパ活女性
この記事は約10分で読めます。

パパ活アプリや出会い系サイトをやるときに悩んでしまうのが写真ではないでしょうか?写真は掲載しているユーザーもいれば、全く掲載していないユーザーもいます。男性ユーザーからすると写真があったほうが容姿レベルを事前に確認できるメリットがありますが、実際に会ってみると別人がやってきたなんて言うのはよくあるケースです。今回は写真は掲載するべきなのか?そして写真詐欺はなぜ起こってしまうのか?を記事にしています。

パパ活アプリ、出会い系サイトの顔写真の有無

顔写真はパパ活アプリや出会い系サイトでは載せたほうが一般的には有利になるケースが多いです。それは、大人の子が多いパパ活アプリでは写真を登録しているほうが何をするにおいても圧倒的に有利だからです。以下のようなメリットがありますので参考にしましょう。

  • 圧倒的にマッチング率が高くなる
  • 「いいね」がたくさんつく
  • 容姿レベルが事前に確認できる

顔写真の登録があるとないではマッチング率が大幅に異なります。「いいね」がたくさんついていると人気会員として上位表示されるアプリなどもありますので、あったほうが圧倒的に有利です。

一方で写真を掲載しているユーザー=業者と認識している会員も多くいます。そのため一概に写真掲載が正解とは言えないこともあるのです。ユーザーの中にはマッチングした後で写真交換をすることも多いです。それ以外にも顔写真はリスクもあります。それが以下のようなことです。

顔写真のメリット

顔写真のメリットとしては事前に自分の顔を相手に知らせることになりますので、相手もあなたの顔を見て納得したうえで会うことになります。ただし、近年は女性がとくにアプリの写真を加工しまくっているケースが多く、写真掲載をしても、内容によっては相手男性が不満を持つケースは多くなっています。

顔写真のデメリット

顔写真を掲載するデメリットとしては身バレしてしまうということです。トラブルがあったときに、SNSなどでアカウント情報と一緒に顔写真が晒されてしまうので、かなり危険ともいえます。顔写真無しとなるとどのような相手が出てくるかもわかりません。登録時に顔写真を登録していないと、言い値をもらうことも難しくなります。

パパ活アプリ、出会い系サイトの顔写真のコツ

顔写真を掲載する場合は以下のようなことを意識すると相手側に好感を持ってくれることが多いです。ポジティブな印象を相手に与えることが一番大事です。暗い表情の写真などは絶対に掲載しないようにしましょう。

  • 清潔感のあるファッション
  • 笑顔
  • 綺麗な背景
  • 解像度の高い写真

パパ活アプリ、出会い系サイトの危険な顔写真

その一方で、危険な顔写真のケースもあります。これは以下のようなケースがあります。

  • 業者と間違えられてしまう

⇒あまりにも美人である場合、または露出の多い写真、胸元を強調する写真などを掲載すると高確率でデリヘル業者に認定されてしまうことがほとんどです。もし一般ユーザーであればこのような露出の多い写真はおすすめしません。

  • 加工しすぎている

⇒これは現在のパパ活アプリや出会い系サイトではかなり高い頻度で加工している女性が多いです。男性ユーザーでも加工しているケースがあるのですが、これはあまりおすすめしません。というのも写真詐欺と言われてしまうからです。

  • 自分以外の写真

⇒プロフィール写真にネットで拾ってきた他人の写真を使ってしまう方も多くいますが、これもトラブルになりやすいです。業者なども同様に他人の写真を使っているケースが多いため、警戒されてしまいます。さらにパパ活アプリなどの場合は、業者が一般人のアカウントを買い取って運用しているケースがありますので危険です。

  • 高級店・ハイブランドを強調

⇒高級レストランでの食事風景や、ハイブランドのバッグなどが写っている写真は詐欺師と思われてしまうケースが多いですね。またパパ活上級者と思われてしまい、素人PJを好む男性などからは避けられてしまうケースも多いです。

  • 札束を見せる

⇒このパターンは高確率でマルチ商法や投資詐欺師のケースが多いです。実際に会うと、不動産投資やFX、仮想通貨の投資をしつこく進めてきたりするケースがほとんどです。

近年は写真詐欺が急増

2020年代に入って写真詐欺、画像の嘘が急増しています。実際に会うと思った人とは別の女の人がやってきたというケースがとても急増しています。これはなぜ起こってしまうのでしょうか?それは以下のような理由が挙げられますので注意しましょう。地雷を避けていくには背景も知っておいた方がいいでしょう。中には手口として、1対1なのに友達とご飯狙い目的の悪い女もいます。

業者がアカウント購入

実は近年パパ活アプリや出会い系サイトでは他人のアカウントを購入して流用する業者が増えています。業者は購入したアカウントをそのまま使いますので、実際に会うときは全くの別人を派遣せざるを得なくなります。結果的に男性は別人女性と会うことになり、おまけにお金を請求してくるのです。Google検索で「パパ活アプリ  アカウント売買」で検索してみてください。かなりたくさんのアカウントが売買されていることがわかります。

写真加工

あまりにも顔立ちが良すぎる場合は高確率で加工しているケースが多いです。これは特に女性ユーザーが多く、実際に会うと男性側は大きな不満を持ってしまうケースは多いです。どうしてもパパ活アプリや出会い系サイトでは容姿の担保をしていませんのでこのようなトラブルが生まれてしまうのです。

手当てをさらにもらいたい

相場よりも多くの手当をもらいたいがゆえにプロフィールで写真詐欺を本当にする子がいます。しかしこれをやっている以上、相手に対する信頼性はありません。最終的には使うさいに予防するには自分で判断するしかないでしょう。出会い系ではあまりにも精巧で対策できず分からないケースも多いです。

写真と違う別人が来たらどうすべき?

顔合わせで別人の女の子がやってきた場合、お互いでお茶を飲む約束をしていたのであれば、いくら嫌で本人でなくても、せめてお茶ぐらいはして帰ったほうが良いです。特にパパ活の場合は顔合わせ手当も約束しているケースが多いので、渡してあげないと運営側に通報されてしまうケースがあるのです。写真詐欺に遭ったら最初、運営に被害届を出しましょう。

逃亡

最近、写真詐欺の中には業者が一般人からアカウントを買い取っているケースがあります。そして運用をしているケースがあるのですが、ほとんどが違法デリヘル業者となります。できるだけ、会話をする前に逃げたほうがいいです。違法デリヘル業者は都合が悪くなると、騒ぎ始めたりして周囲に迷惑をかけていきますので危険です。sugardaddyやラブアンなどでこのケースが増えています。

お茶だけ

写真詐欺師と遭遇した場合は、そもそも信用できませんから、お茶だけでもして帰った方がいいでしょう。もちろんそのあとはしっかりブロックして運営に報告することも忘れないようにしましょう。パパ活アプリなどでは通報歴機能がありますので、同性のユーザーにとって有益な情報となります。

交際はNG

そもそも写真を詐欺しているような輩は信用ができないでしょう。できるだけ相手をしないようにしてください。勿論のことですが交際やホテルでセックスなんて絶対にダメです。可愛いのか?好みにもよるでしょうが騙されているわけですから条件を要求されても無視すべきでしょう。

写真詐欺が多いパパ活アプリ

近年はパパ活アプリも写真加工がとても増えてきています。どれくらいの写真加工が増えているのでしょうか?マッチングアプリ同様、パパ活アプリも結構写真詐欺が増えました。アカウント売買などの利用規約の違反も目に付いてきています。そういう詐欺の場合、個人情報なども別になりますから全然信用できません。複数での待ち合わせなどを交渉して指定して来たら要注意です。

アプリ男女比 男性の月額料金URL
シュガーダディ(Sugardaddy)3:7一般会員:8,000円シュガーダディ
ペイターズ(Paters)2:8一般会員:12,000円【paters】
ラブアン(Love&)4:6一般会員:5,980円Love&(ラブアン)
パトローナ(Patrona)4:6一般会員:5,478円リッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)
パディ(paddy)3:7一般会員:8000円安全にパパ活するならpaddy67
PJ3:7一般会員:9,800円マッチングアプリはPJ
ドロシー(DROSY)3:7一般会員:5,980円エリート大人の匿名マッチング「DROSY」
ぺリア(Peria)3:7一般会員:8,800円Peria

シュガーダディ

シュガーダディはとても写真加工率が高いです。写真未掲載のほうが意外と素人女性が多いので出会いやすい傾向にあります。そのため、写真を掲載している方のほうが業者率が高いと言うのが現実です。業者は特にモデル並みの写真を載せてきます。シュガーダディはマッチングなしでもメッセージの交換ができるので、女性には洪水のようにメッセージが来ますので、写真加工している女性であればかなりたくさんのメッセージが来ます。

ペイターズ

ペイターズも近年は写真加工率が上がってきています。ペイターズは女性比率がとても高いのですが、夜職の比率も高めです。ペイターズの写真加工は素人女性ほど比率が高く、業者の場合は他人のアカウントを買い取りして運用していることが多く、そもそも加工していないケースが多いです。ペイターズは三大メジャーアプリの中では最も女性が多いということもあってか、写真加工率がひときわ高く見えてしまいます。

ラブアン

ラブアンはシュガーダディ、ペイターズに次いで人気のアプリとなってきました。ラブアンの場合は、動画機能があるため、投稿者の雰囲気を事前に知ることができるというメリットがあり、写真加工率が比較的少ないです。ただし上記でも挙げたように業者が他人のアカウントを買い取っているケースがあるので、気をつけてください。業者アカウントはやたらメッセージ人数が多いため、この点で気づくことができます。

パパ活アプリ、出会い系サイトより交際クラブがおすすめ

写真詐欺を避けたい場合は基本、交際クラブがおすすめです。アップした写真や書いた情報が大きく違っていたというケースを完全に防げますので大丈夫です。パパ活アプリや出会い系サイトでは写真審査ということをしていません。これに対して交際クラブの場合は、基本的に対面で面談をしていることと、写真撮影を運営側が行っているため、写真詐欺はまず起こりません。容姿を最重要事項にしている場合は、写真詐欺が起こらない交際クラブをおすすめします。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました