【パパ活男性、パパ活女性】返信、連絡が来ない女性は切られる可能性が高い 理由と対処法

パパ活女性
この記事は約6分で読めます。

パパ活をしている男女は定期的に連絡をしあうことが基本です。しかしなかにはあまりにも返信が遅い人がいます。パパ側の返信が遅い場合は、あまり切られるパターンにはならないのですが、パパ活女子側の返信が遅いパターンは切られる可能性が高くなってしまいます。

パパ活において、LINE交換は適切?

これはパパ活女子の性格や普段使っているアプリ次第でもあるのですが、LINE交換をする方としない方がいます。パパ活で相手とやり取りをしたりするのに有効なのはやはりLINEです。日本人のほとんどはLINEを使っています。これを使わないとなると、SMSのやり取りか他のチャットアプリWhatsappなどになりますが、他のチャットアプリは外国人パパ活女子が多いです。顔合わせが終わり、連絡先交換をする際はLINEで交換したほうが連絡をしやすいです。

逆にLINEを使わないケースは外国人パパ活女子以外ではあまりいませんでした。少数でしたがメールやSMを希望する人がいましたが、やはり連絡が滞ってしまう問題が起こり、関係はフェードアウトしていきましたので、LINEがツールとしてはベストだと思います。少しでも定期のパパに気に入られたいのであればLINEがベストです。メッセージは都度確認しましょう。

パパ活において、返信の遅いパパ活女子はどんな人?

返信の遅いパパ活女子はパパ側から嫌われやすいです。メッセージの返信、連絡がないことが理由で切られるケースは十分あります。それはなぜなのかというと、以下のような理由が女子側にあります。パパ活における会話と言うのはほぼ業務連絡しかしませんが、それもできない人はいます。気持ちの良い付き合いはあまり望めません。

性格がズボラで面倒くさがり

気まぐれで性格的に問題のあるパパ活女子はどうしても連絡をさぼりがちです。あまりにも適当過ぎると、時間のあるときにパパ側から切られてしまうことになります。そしてこの手のタイプはあまりサービス業には向いていません。パパ活をしてもうまくいかない方は多いです。スマホのそばにいないタイプかもしれません。好きでもない相手とデートや大人をするのがパパ活です。しかし既婚でも未婚のカテゴリーでも需要があり、活動は可能です。写真などもしっかり取りましょう。

だらしない性格

だらしない性格をしているタイプの女子はどうしても連絡が遅くなります。そしてこの手のタイプは最近、遅刻やドタキャンをよくやらかしますので、パパは上手に切ります。重要なポイントとしてメッセージは基本的にきません。もしパパ活アプリに登録はしても、忙しいなどの理由を付けて会いません。最初のタイミングでメッセージがなかなか来ないタイプは早く切るのがコツです。始めても誘いまで行くことはまずありません。

雑談には相手にしないタイプ

新しいパパ活女子の中にはテクニックとして業務連絡だけは早いけど、頑張って雑談や話題をふっても一切相手にしないタイプもいます。これはビジネスとプライベートを目的でしっかり分けるタイプの女の子なので、返信が遅いのも仕方ないでしょう。ただし不快に思ったパパは切ってしまうケースもありますので大切なポイント。彼氏がいるタイプはこの手のケースが多いです。

仕事やバイト、学業などが忙しすぎる

単純に忙しすぎて、必ず返信が遅れてしまうパパ活女子もいます。この手のタイプは返しが遅いので、できるだけ隙間時間を作る努力をした方がいいです。優先する順位を間違えると何も返信をしないとパパも切られた?と勘違いしてしまうケースも多いです。この場合忙しく、デートの予定、日程も決められないケースが多いですね。どちらにしても対策が必要です。楽しく趣味など共有してデートすることができません。

マイペース

のんびりしたタイプや面倒くさがりの人は連絡もゆっくりになる傾向があります。しかしマイペース過ぎるがゆえに、男性から見限られてしまうケースもあります。場所や食事などの調整をしても全く反応しないのです。また、誘っても反応しません。印象も最悪です。無駄なのでパパは相手にしません。

パパ活における適切な連絡頻度はどれくらい?

パパとパパ活女子の適切な連絡頻度は週に1回、もしくは2回程度とされています。これより連絡がないと、ほぼフェードアウトしていくことになります。逆に頻度が高すぎるとお互いに負担になってしまうケースも多いです。ただしパパ活関係ではなく、恋愛関係になった場合は例外です。連絡頻度はさらに上がっていくことになるでしょう。

パパ活において連絡がこないとき

パパ活において連絡がこないときは以下のような例があります。

連絡が少ないのは一般的

パパ活の関係というのはあくまでビジネス上の関係になります。基本的に連絡が少ないのが一般的です。恋人関係ではなく、愛人関係になるのがパパ活だからです。恋人関係に比べて、連絡のやり取りが少なく、精神的にも負担のかからない適度な距離がお互いを楽にさせてくれるのです。そのため、対処法として連絡はあまり頻繁にしないほうがいいでしょう。

連絡の催促は逆効果

パパの中には連絡が遅い女子に対して催促をするケースもありますが好ましくありません。プレッシャーを与えられるので、相手側からすると不快感を与えることになります。基本的には対処法として返事がこなかったとしても催促をしないようにしましょう。これは逆のパターンでもいえることです。

連絡をしない

返信が来ないではなく、そもそも連絡をしないというケースもあります。これは相手を見限ったケースが多いです。容姿がパパの希望するレベルではなかったとか、逆に手当てが少なすぎて相手にするのが嫌になったパパ活女子など、ケースは様々です。この場合は高確率でリピートはありません。次を探したほうがいいでしょう。

パパ活は接客、サービス業である

パパ活はサービス業のようなものです。パパ活女子は自分が楽しませるというサービスを提供することで、相手からお手当をもらうことができるというビジネス関係になります。そのため連絡が極端に遅いとなると、顧客に対して失礼ということにもなります。あまりにも連絡ができず、だらしないタイプであれば、最悪パパ活は諦める必要性もあります。

毎日連絡する必要性はありませんが、適度な距離を置きつつもしっかり連絡はしておかないと、男性側から切られてしまうリスクはあるので、意識しておきましょう。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました